保険の「入れ歯」と自費の「入れ歯」の違い 保険か自費か。こだわりの入れ歯を作るなら

保険適用で作る入れ歯、自費で作る入れ歯

入れ歯には健康保険が適用されるものと、自費診療になるものがあります。

保険の入れ歯

使用できる素材や種類が限られており、入れ歯としての必要最低限の機能・見た目しか取り戻すことができません。使用中に痛みが生じたり、外れやすくなったりといったことも。咬み合わせに不具合が出ることもあります。ですが、比較的安く入れ歯を作ることができることがメリットです。

自費の入れ歯

作製の際にはさまざまな素材・種類から選べます。費用が高額にはなるものの、耐久性が高い素材を選べるため、審美性に優れ長持ちするものを作ることができます。また、軽くて耐久性にも優れ、汚れにくいため清潔に保つことができ、口臭などの問題も起きにくくなっています。


構造の比較

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
人工歯 素材が限定されているため、希望する仕上がりを得られない可能性があり、見た目のバランスが悪くなることがあります。 選ぶ素材により本物の歯と見分けがつかない見た目が実現します。
歯肉部 汚れがつきにくく装着感は良好ですが、形態に制限があります。 汚れがつきにくいうえに装着感もよく、ご要望に合わせた形態で作ることができます。
継持装置
(留め金など)
簡単な維持装置のみで、笑ったときに見えたり見た目に違和感があったりします。 さまざまな形態の維持装置を設計可能で、残っている歯に必要以上の負担をかけず、歯にダメージを与えません。また、外から留め金がまったく見えないもの、留め金を使用しないものもあります。

入れ歯は毎日使うもの。身体の一部となるものですから、こだわりたいものですよね。より快適な入れ歯をご希望でしたら、噛み合わせ研究所では自費で作製することをおすすめします。

0120-7-39108

0120-7-39108

メールは24H受付

  • 入れ歯の落とし穴!?
  • 今さら聞けない疑問を解決!!保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い
  • 治療費はいくらかかるの!?入れ歯の種類と気になる料金
  • 歯科医院の先生に聞きました!入れ歯治療の最前線。
  • 入れ歯の治療でも大切なカウンセリングの重要性
  • 不明な事はこれで解決!入れ歯なんでもQ&A
  • 歯科技工士「荒巻秀行」ごあいさつ
  • アラマキが患者様,歯科医師に選ばれる理由
  • 歯科医師のご紹介
  • やって良かった!「患者様の喜びの声」
  • 技工所・設備のご案内
  • 「入れ歯」が出来上がるまでの流れ・治療後の保証制度
  • デンタルローン・医療費控除について
  • マウスピース専門サイトはこちら